新幹線予約ができるこのサイトは(株)シナジーコーポレーションが運営しています。

シナジーチケットをお気に入りに追加

2017年3月4日から2017年3月25日乗車分までのチケットがお求めいただけます。

新幹線・予約販売 Synergy Ticket 日本の大動脈 東海道・山陽新幹線特集 さらに進化しました!

東海道・山陽新幹線を予約


dummy
路線
経路
席の種類
乗車月日
乗車時間

東海道新幹線について

東京、名古屋、大阪という日本の三大都市間を走る新幹線

東京駅から新大阪駅までを結ぶ新幹線。東京、名古屋、大阪という日本の三大都市間を高速移動するための手段の一つ。管轄はJR東海。多くの列車が山陽新幹線に直通する運行体系がとられていることから、総称して「東海道・山陽新幹線」とも呼ばれる。
最速達タイプの「のぞみ」、速達タイプの「ひかり」、各駅停車タイプの「こだま」が、1日平均338本(2014年4~6月の平均値)運行。一部の「のぞみ」「ひかり」が、新大阪から先の山陽新幹線へ直通運転している。

世界初の高速鉄道、日本最古の新幹線

東海道新幹線は世界初の高速鉄道で、日本国内の新幹線としては最も古い歴史を持つ。東京オリンピック開会直前の1964年(昭和39年)10月1日に開業し、2014年10月1日で50周年を迎えた。

山陽新幹線について

新大阪駅から博多駅までを結ぶ新幹線。管轄はJR西日本。多くの列車が東海道新幹線や九州新幹線と直通する運行体系がとられていることから、総称して「東海道・山陽新幹線」「山陽・九州新幹線」とも呼ばれる。
最速達タイプの「のぞみ」「みずほ」、速達タイプの「ひかり」「さくら」、各駅停車タイプの「こだま」がある。
2015年3月10日で40周年を迎えた。

停車駅

東海道新幹線
停車駅
東京、品川、新横浜、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城、名古屋、岐阜羽鳥、米原、京都、新大阪

※新富士駅は東海道新幹線単独駅

山陽新幹線
停車駅
新大阪、新神戸、西明石、姫路、相生、岡山、新倉敷、福山、新尾道、三原、東広島、広島、新岩国、徳山、新山口、厚狭、新下関、小倉、博多

※新尾道、東広島、新岩国駅は山陽新幹線単独駅

所要時間

東京駅~名古屋駅間

のぞみ
約1時間40分
ひかり
約2時間
こだま
約2時間47分

東京駅~京都駅間

のぞみ
約2時間15分
ひかり
約2時間40分
こだま
約3時間50分

東京駅~新大阪駅間

のぞみ
約2時間30分
ひかり
約3時間
こだま
約4時間

東京駅~岡山駅間

のぞみ
約3時間20分
ひかり
約4時間

東京駅~広島駅間

のぞみ
約4時間

東京駅~姫路駅間

ひかり
約3時間40分

東京駅~博多駅間

のぞみ
約5時間

車両

500系

山陽新幹線の高速化を目的としてJR西日本が開発。最高速度は300km/h。以前は「のぞみ」を中心に運用されていたが、現在は最高速度を285km/hに落として「こだま」の運用となっている。

700系

JR東海とJR西日本の共同開発で費用対効果を重視し、乗り心地・快適性の改善を図った。最高速度は285km/h。先頭形状はカモノハシのような形で、車内空間への影響を最小限にしてトンネル微気圧波を抑制するようになっている。「のぞみ」「ひかり」「こだま」として運行。喫煙席あり。

N700系

N700の「N」は、西日本の車両を指す。JR東海とJR西日本の共同開発で700系を基本に『最速・快適・環境への適合』を目標にさらなる性能向上を目指した車両。最高速度は300km/h。全車禁煙で、喫煙ルームがある。「のぞみ」「ひかり」「こだま」「みずほ」「さくら」として運行。
窓側座席と最前列・最後列にコンセントがある。(グリーン車は全席)
東京駅~新大阪駅間で無線LANを利用できるが、事業者との事前契約が必要。山陽新幹線区間では利用出来ない。

列車

のぞみ

最速達タイプの列車で、東京~新大阪~博多を走る。東海道・山陽新幹線で一番速い列車。東海道新幹線内、の停車駅は、東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪。山陽新幹線内は、新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多に停車。九州新幹線には乗り入れない。

ひかり

速達タイプの列車で、「のぞみ」の補完的な存在。「のぞみ」より停車駅が多いが列車によっては通過駅がある。九州新幹線には乗り入れない。

こだま

各駅停車タイプの列車。九州新幹線には乗り入れない。

みずほ

「のぞみ」同様の最速達タイプの列車。新大阪~博多~鹿児島中央を走り、山陽・九州新幹線で一番早い列車。停車駅は、新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多・熊本・鹿児島中央。東海道新幹線には乗り入れない。

さくら

「ひかり」同様の速達タイプの列車。新大阪~博多~鹿児島中央を走る。停車駅は列車によって異なるが、「みずほ」より多い。東海道新幹線には乗り入れない。

料金

自由席

「のぞみ」「ひかり」「こだま」「みずほ」「さくら」とも、特急料金は同額。

指定席

「のぞみ」「みずほ」と「ひかり」「こだま」「さくら」とは特急料金が異なる。
繁忙期・閑散期で料金が異なる。

グリーン車

「のぞみ」「みずほ」と「ひかり」「こだま」「さくら」とは特急料金が異なる。

座席

東海道新幹線の自由席車両

のぞみ
全列車16両編成。自由席は新大阪寄りの「1号車~3号車」の3両。
ひかり
全列車16両編成。自由席は新大阪寄りの「1号車~5号車」の5両。
こだま
全列車16両編成。自由席は新大阪寄りの「1号車~7号車」と東京寄り「13号車〜15号車」の計10両。一部列車は「13号車~15号車」が指定席。一部列車は全車自由席。

山陽新幹線の自由席車両

のぞみ
全列車16両編成。自由席は博多寄りの「1号車~3号車」の3両。
ひかり
東京発着の列車は16両編成で東海道新幹線のひかりと同じ。山陽新幹線内のみ運行の列車は8両編成。自由席は博多寄りの「1号車~3号車」の3両。
こだま
16両編成の場合は、自由席は博多寄りの「1号車~7号車」と新大阪寄りの「13号車~15号車」の計10両。8両編成の場合は、自由席は博多寄りの「1~3号車」と新大阪寄りの「7~8号車」の計5両。一部列車は、「6号車」以外は自由席、または全車自由席。
みずほ
全列車8両編成。自由席は鹿児島中央寄りの「1~3号車」の3両。
さくら
8両編成と6両編成があり、いずれも自由席は鹿児島中央寄りの「1~3号車」の3両。一部列車は「3号車」も指定席。

お問合せボタン