新幹線チケット予約『シナジーチケット』の新幹線を更に楽しく使う為のお役立ち情報

新幹線を快適に乗る為の情報を配信しています。新幹線予約をネットから、窓口に並ばなくても新幹線の座席指定ができる!ご希望条件の新幹線チケットを豊富に取り揃えております。

【得ネタ】知らないと損!新幹線の『繁忙期と閑散期』少しでも安く買える日はいつ?

      2017/05/15

みなさんは新幹線を使う際、繁忙期や閑散期を気にしたことはありますか?
今回は、少しでも新幹線の料金を抑えたい、チケットを安く買いたいという方必見の情報をお届けします。

新幹線には繁忙期・閑散期がある

意外と知られていないのが、新幹線の繁忙期・閑散期による料金の違いです。

繁忙期・閑散期の価格はこのようになります。

【通常期】繁忙期・閑散期以外の期間で通常料金(増減なし)
【繁忙期】通常期の指定席特急料金から+¥200
【閑散期】通常期の指定席特急料金から−¥200

繁忙期は、閑散期よりも400円高いことがわかります。
往復で800円、子どもも同様に+200円ですから、4人家族で繁忙期に新幹線を使うと3,200円高いのです。
結構大きな金額ですね。

一方で自由席は、繁忙期や閑散期であっても料金に違いはありません。
新幹線回数券も、値段は変わりません。

それでは、いつが繁忙期・閑散期なのか確認してみましょう。




スポンサードリンク

2016年 繁忙期・閑散期の時期

基本的には、春休み、夏休み、冬休み(年末年始)、ゴールデンウィークが繁忙期となります。
1、2、6、9、11、12月の長期休暇期間を除く平日が閑散期です。
それ以外が通常期となりますが、金・土・日は閑散期になりませんので、通常期に入ります。

2016年の繁忙期・閑散期カレンダーです。
     の背景色が「繁忙期」、     の背景色が「閑散期」です。

下線がある日にちは、新幹線回数券など一部の割引きっぷが使えない期間となります。

2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2016年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

2016年3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2016年4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2016年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2016年11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

JR北海道、JR九州は期間が異なります。

●JR北海道内のみ利用の場合
【繁忙期】 7月20日~8月20日、12月23日~2月末日。
【閑散期】 4月1~28日、5月6日~6月30日、10月1日~11月30日の期間の月~金曜日(ただし、祝日と振替休日を除く)

●JR九州内の在来線利用の場合
【繁忙期】 九州新幹線は繁忙期がありません。
【閑散期】 1月16日~2月末日、6月、9月、11月1日~12月20日の期間の月~木曜日(ただし、祝日及びその前日と振替休日を除く)
※特急〔あそぼーい!〕の展望席(パノラマシート)及び「白いくろちゃんシート」をご利用の場合の特急料金に閑散期はありません。

複数の新幹線をまたがって乗る場合

複数の新幹線にまたがって乗る場合は、繁忙期・閑散期の料金が別々にかかることがあります。

東海道新幹線と山陽新幹線のように、運賃が統一されていれば閑散期・繁忙期料金は別々にかかることはありません。

ただ、例えば、東海道・山陽新幹線からJR九州の九州新幹線をまたぐと、別々の料金体系になっているので、それぞれの区間の特急料金が合算されてしまいます。

東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の特急料金と、九州新幹線(博多~鹿児島中央間)の特急料金との合算金額となり、繁忙期の200円増し・閑散期の200円引きは、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)の特急料金と、九州新幹線(博多~鹿児島中央間)の特急料金のそれぞれに対して適用されるので、通常期の特急料金から繁忙期は400円増し、閑散期は400円引き、となってしまうのです。

その他にも、奥羽本線(福島~新庄間)と東北新幹線、田沢湖線・奥羽本線(大曲~秋田間)と東北新幹線をまたがって利用する場合は、繁忙期は140円増し、閑散期は140円引きとなります。

また、東北新幹線と山形新幹線、秋田新幹線の一部区間については、繁忙期の場合は340円増し、閑散期の場合は340円引きとなります。

繁忙期・閑散期に、複数の新幹線をまたぐ場合は、注意したいところです。

  • 博多駅をまたいで、山陽新幹線と九州新幹線を乗る場合は、繁忙期が400円増し、閑散期が400円引き
  • 東京駅をまたいで、東海道新幹線と東北・上越・北陸新幹線を乗る場合は、繁忙期が400円増し、閑散期が400円引き
  • 福島駅をまたいで、東北新幹線と山形新幹線を乗る場合は、繁忙期が340円増し、閑散期が340円引き
  • 盛岡駅をまたいで、東北新幹線と秋田新幹線を乗る場合は、繁忙期が340円増し、閑散期が340円引き

繁忙期も使える新幹線チケット購入はこちら

シナジーチケットでは、窓口に並ばずに新幹線のチケットを買うことができます!

年末年始・GW・連休などの繁忙期にもご利用できる新幹線チケットを、ご希望の日時、区間の新幹線・特急列車をご予約可能です。

新幹線チケット購入はこちら

忙しくて窓口へ行けない、最寄りに窓口のある駅がない、新幹線チケットの取り方がよく分からない…という方にオススメです♪

新幹線チケット予約はシナジーチケット

 - JR九州, JR北海道, JR東日本, JR東海, JR西日本, お役立ち情報, 得ネタ, 新幹線情報, 知っ得情報, 観光・マニア向け